• ㈱クリスタル技研委託販売業者 リリーブ

新型コロナに対する消毒方法として次亜塩素酸水が認められました。

 経済産業省と製品評価技術基盤機構 (NITE)は6月26日、新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について発表し、一定濃度以上の「次亜塩素酸水」について有効と認めました。

経済産業省の要請を受けたNITEが4月に「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」を設置し、6月25日の第5回検討委員会において最終報告を取りまとめました。

次亜塩素酸水について、有効塩素濃度35ppm以上の次亜塩素酸水(電解型/非電解型)を有効と判断。ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを水に溶かしたものは、有効塩素濃度100ppm以上について有効とした。なお、「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルス対策として物品消毒使用に推奨されている「次亜塩素酸ナトリウム」(ハイター、ブリーチなど塩素系漂白剤の主成分)とは別のものです。混同しないよう注意してください。

https://www.meti.go.jp/press/2020/06/20200626012/20200626012.html